So-net無料ブログ作成
検索選択

ナショナル電動ドライバー(EZT160H)の電池交換 [DIY電気]

購入してからずいぶん経ちました。
内蔵のNi-Cd電池がへたれたらしく、ACアダプタを接続しながらなんとか凌いできましたがダメです。
もう限界で回らなくなりました。
家具の組み立て等、たいへん重宝する電動ドライバーで私には必須アイテムなのであります。
困った時のヤフオクってなことをよく聞きますが、ありました、ありました、Ni-Cdが単品で売られています。
一個200~300円です、交換に必要な6個買っても2000円でお釣りがきます。
電動ドライバーを開けた回路図です。
EZT160H.gif

Ni-Cdの交換には、はんだごて、はんだ、ニッパやその他工具が必要です。
図のNi-Cd1~Ni-Cd6までを交換しなければなりません。6個のNi-Cdはばらばらですので、玩具に入れる電池のように接触させるだけではなく、全てのNi-Caは、はんだ付けが必要です。
電動ドライバーのグリップの部分に6個のN-Cdが入っていまして、キツキツです。
交換作業の難易度は少し高めです。
無事交換して、電動ドライバーが復活しました。
DSC_0322.jpg

挑戦される方はプロジェクトを発動する前に電動ドライバーを開けてみて判断したほうがいいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0