So-net無料ブログ作成
検索選択

浴室リモコンの表示窓を掃除したら [DIY生活]

前々から気になってたんですが、4年10ヶ月使用したお風呂の浴室リモコンの表示窓が「うろこ汚れ」で表示が見えづらくなったんです。
そこで#1000の紙ヤスリを使って表示部のうろこ汚れを取り始めたのですが、下の写真の左側の温度表示がボケてしまいました。やばいと思って作業を止め、知らぬ顔でそのまま放置してたんですが、数日経ったら奥様が気付いたらしく「何あれ?」ってな具合に突っ込まれました。やはり気がついたか・・・。おぬし!やるな!
DSC_0317.jpg

何とかせねばならぬ。東急ハンズで#1000より細かい紙ヤスリを求めたのだが、「プラスチックみがきクロス」というものに目が留まったのでござる。
おふざけはここまでと。
プラスチックみがきクロスをゲットして、次に携帯電話の保護フィルムもゲット。
DSC_0319.jpg

たぶん細かい傷が入ったであろう表示窓をプラスチックみがきクロスで気が済むまで磨きました。
効果てきめん何とか表示ボケが無くなってきたではありませんか。
最後の仕上げに、携帯電話用の保護フィルムを左右2つに切り分けて貼ってあげました。
この表示窓は緩い球状になっているので、一枚で貼ると周りが浮いて剥がれてくると思われるので左右2つに別々に貼ったというわけです。
追記:
半月ほど経過しましたが、この冬場の湯気がモウモウとする浴室内で表示窓が全く曇らないです。
うろこ汚れを落としてきれいにしたかっただけなんですが、曇らなくなったという副産物を手に入れた感じです。フィルム効果でしょうか。
DSC_0318.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

封筒で作る落花生用殻入れ [DIY生活]

ビールを飲みながら落花生をつまむ。
落花生をつまみながらビールを飲む。
またまたビールを飲みながら落花生をつまむ。
きりがないですね!お酒のお供としていくら食べても飽きないおつまみです。
昔、親に食べ過ぎると鼻血が出るとか、ニキビが出るとか聞かされたことはありますが実際のところはどうなんでしょう。
落花生にも、ゆで落花生、バターピーナッツ、薄皮付き、さや付き、黒砂糖付き、とたくさんの加工品がありますが、私はゆで落花生の大ファンなのであります。特に固ゆでで、殻にびっちり入った落花生は一級品ですね。時には割った瞬間塩水が飛び出て、松の実のような実が出てきてちょっと残念だったり、このメリハリはゆで落花生ならではのものです。
生落花生が手に入った時は、早速茹で上げて袋に小分けにして冷凍して晩酌のためにストックしておきます。リスのように、たくさん保存しておきます。時にはリスのように隠したものを忘れてしまって冷凍庫の奥に眠らせてしまうこともあります。
前置きが長くなりましたが、今回は封筒を使ったゴミ入れを制作します。

(1)A4が入る大きさの封筒、角2というタイプを準備します。
(2)この封筒を下図で示す線で折ります。山にしたり谷にしたり線の部分が折りやすくします。
(3)最後に、赤線を山折にして組み立てます。

角2封筒.gif

出来上がりのゴミ入れです。ダイレクトメールには困っていますが、そのまま捨てるのはもったいないので幾つも作って畳んで準備してあります。
DSC_0315.jpg

浴槽のエプロンの中は [DIY生活]

毎年恒例のお風呂掃除の時間がやってきた。
浴槽の側面のカバーはエプロンと言いますが、このエプロンが外せるってことを知らない人がいるのではないでしょうか。実際、私も新築マンション入居5年目ぐらいまで知りませんでした。ある時、何かのきっかけで開けてみたら、「なんじゃ~!!」。黒いヘドロやら、髪の毛のかたまりやら、これぞやパンドラの箱を開けてしまったって感じでしたね。
それから少なくとも年に1~2回はエプロンを外して掃除しています。
エプロンの中からは、「また開けたんかい!」って声が聞こえそうです。
準備するものは、
(A)お風呂のつけおき洗い用洗剤
(B)不要なCD(真ん中はテープで塞ぐ)
(C)掃除用具

掃除の前の夜、全員お風呂から上がったら
(1)浴槽のエプロンを外します。
 エプロンの下側に指を引っ掛けて、上げて手前に引けば簡単に取り外せます。
(2)浴槽の周りに(A)お風呂のつけおき洗い用洗剤をばら撒きます。
(3)排水口に(B)CDを置きます。
 CDを置くだけで、一晩ぐらい水漏れはしません。溜まり水の重さで完全密閉されます。
(4)浴槽の栓を抜いてお湯をはかせます。
(5)浴槽の下にお湯が溜まりますので、適当な排水量になったら浴槽の栓を止めます。
(6)一晩、じーっと待つ。
(7)翌日、浴槽の下の溜まり水はそのままで棒切れや処分してもいい様な取っ手が長いブラシで汚れを落とします。
(8)CDを取り外して、浴槽の下の溜まり水を排水します。
(9)あとは、気の済むまでシャワー等を使用して綺麗にします。
DSC_0313.jpg


お風呂まとめて泡洗浄 グリーンアップルの香り 230g

お風呂まとめて泡洗浄 グリーンアップルの香り 230g

  • 出版社/メーカー: フマキラー
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

出窓のカーテンをたて型ブラインドに変更 [DIY家具]

家のリビングの西側は出窓になっていて、その上出窓手前にチェストが置かれているので、容易にカーテンの開け閉めができずに、ほぼカーテンは半開き固定状態となっていました。日中は部屋を明るくしたいので、カーテンは開けたいし、夕方は西日が黄金色の矢のように差し込んでくるので閉めたいし。
よーし!ちょっと、たて型ブラインド高いけどこの際導入しちゃいましょう。
IMG_0931.JPG

あらかじめ出窓の内のりを計って家具屋さんで注文です。
色が悩むポイントすね、家は西日が当たるので濃い系の茶色にしちゃいました。
まだ悩むポイントはあります。操作は、右か左か?ヒモをヨイショヨイショとたぐれば、カーテンのように開けることもできますので、左開きか?右開きか?両開きか?を指定します。
自分で取り付けるので配達だけにしてもらいました。
ブランケットが3つ付属していて、まずそれをカーテンレールがあった部分(上側)にネジで取り付けます。そして、本体をカチャっと取り付けます。後は、布製のルーバーを引っ掛けて取り付けて完成です。
右側の真っ直ぐな棒は回転させることによってルーバーが回転します。毎日使うものなので、手前に引っ掛けてあります。奥のヒモはルーバーをカーテンのように開ける(ルーバー90度に回転状態)ためのものです。
DSC_0303.jpg

今回の取り付けは実は失敗なのです。あまりにも奥(窓側)に取り付けたので、ルーバー回転させると左右端のルーバーだけ、木枠に接触して動かないのです。ありゃま!ほんの5mmほど接触してるだけなんですが。
ちょっとカッコ悪いけど、左右ルーバーだけ、ワンクッション紐で吸収させてフリーにしています。
そんなこんなで、結果オーライ!
取り付け直すこともできますが、結構テキトーな性格なところもありますので。
DSC_0304.jpg





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

キッチンのシーリングライト交換 [DIY電気]

マンション購入時からキッチンに取り付けてあった蛍光灯式のシーリングライトが寿命を迎えた。
スイッチを入れると、「ジーーー」と鳴り出し、おまえは蝉か!と思うほど。その上、点灯するまでに時間がかかります。もう蝉の鳴き声は聞きたくないので、あきらめて交換することにしました。
今までも交換したいとは思っていたのですが、相手はそう簡単には交換させてくれる照明機器ではありません。蛍光灯本体が天井に直接ネジで取り付けてあり、ローゼットにカチャっと簡単取り付けとはいかないのです。
蝉の蛍光灯を取り外したら、穴から100Vのケーブルが出ているだけです。
やるだけやってみようと思い、購入したフル引掛ローゼット Panasonic WG-6005WPを直接天井に木ネジを使って取り付けようとしましたが、案の定、だめです。石膏ボードなのでネジでしっかり止まるわけがありません。
ガーーーン!予想通りです。
ユルユル状態のローゼットに照明器具を取り付けたら、ものの10分ほどで落下して血を見ることになります。
IMG_20150612_140149.jpg

天井に蝉の蛍光灯が付いていたわけですから、その取り付け穴を利用するしかありません。
取り付け穴は2箇所でピッチは910mmです。まず、木材を天井に取り付け、その木材にフル引掛ローゼットを取り付け、あとは購入したシーリングライトを取り付けることにしました。
下写真は、右側に立てかけてあるのが蝉の蛍光灯です。中央下は木材に白色を塗っています。木材はホームセンターで相談すると、何年経ってもたわんだりしない「エゾ松」を薦めてくれました。エゾ松くんのサイズは1000*90*24(長*幅*厚)です。
IMG_20150612_140438.jpg

木材中央にフル引掛ローゼット Panasonic WG-6005WPと取り付け、天井にエゾ松くんを910mmピッチ、2箇所止めで取り付けました。木材中央部は、フル引掛ローゼットを取り付けるので、エゾ松くんの中央部はホールソーという工具で大きめの穴を開ける必要があります。
エゾ松くんは、結構重いので重さを量りました。
エゾ松くん=0.7Kg、 コイズミさん=1.4K、蝉の蛍光灯=2.7Kg。
ということは、エゾ松くんとコイズミさんを合わせて2.1Kgですから、蝉の蛍光灯よりずいぶん軽く取り付け部の強度はOKということになります。
DSC_0299.jpg

今回買ったのは、コイズミ BH13730R 「LEDシーリング6畳用調光リモコン付」というもの。
価格もリーズナブルで、今まで以上に明るくなり料理も楽しくなります。
DSC_0297.jpg






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

NT-301のリモコン制御 [DIY電気]

以前、アクアリウム・水草水槽を趣味にしていた頃にHPを立ち上げておりました。
HPも現在閉鎖となっていますのでその中で紹介していました電気工作をご紹介いたします。
また水槽始めたいなぁ~♪

NISSO製のプログラムタイマーは毎日設定した時刻に水槽の照明をオンオフさせるタイマーです。水槽のメンテナンスや、来客があったときにの非定常時に照明がほしいときに手動で照明オンしたいですよねそれには、水槽裏に置いてあるNT-301の透明カバーを開けてスイッチを押さなければならないんです。
そこで、このプロジェクトはスタートしました。テレビのリモコンでオンオフできるように改造するプロジェクトです。
NISSOプログラムタイマーNT-301は2系統のタイマーがあり、ふたつの100V器具を別々にオンオフできます。タイマーオフ時は前面パネルのT1またはT2ボタンを押すことで強制的に希望のチャンネルをオンにできます。そのふたつのボタンを赤外線リモコンで遠隔制御できるように改造することにしました。NT-301を開けると写真左部の電源基板と写真右部の緑色に見えるデジタル制御基板(以下D基板)で構成されていることがわかります。それぞれは6ピンのコネクタで接続されています。D基板は前面パネルにネジ止めされているので、ネジを外して、プッシュスイッチ等がばらばらに外れないようにそっと基板を外します。液晶表示器も外れそうになるけど、あわてる必要はありません。
これから製作するリモコン受信基板をこの中に組み込むことにします。
nt301_open.jpg

アマチュア(プロも)の電子工作でよく使用されるPICマイコンというワンチップマイコンをメインにNT-301に組み込む回路を製作しました。実はもう、この時点ではPICに書き込むプログラムは完成に近い状態です。新品のPICは、プログラムを書き込んであげないと、なんの機能も持たないため、書き込み器を購入するか自作するなりしなければプログラムを入れることができません。
下の回路はU2が赤外線リモコンから送信された光を受光し、1番ピンから出力してPICのRA0に接続しています。PICはRA0に入力されたリモコンコードを解析してRB0とRB1に200msの正パルスを出力するのです。
赤外線リモコンはS社のテレビリモコンのコードを解析するようにしました。CH1を押すとRB0に、CH2を押すとRB1にという具合にRB7まで出力しています。対応するリモコンボタンは好みのボタンを登録することができるようにもしています。
200msの正パルスをトランジスタのベースに入れると、T1_OC,T2_OCのコレクタがGNDへ短絡する仕組みです。T1_OC,T2_OCは前述のD基板のT1スイッチとT2スイッチへ接続します。T1,T2スイッチと並列接続となり、トランジスタの電子スイッチとT1,T2スイッチのどちらでも動作するようになります。
pic_drawing.gif

D基板に貼り付けた状態のリモコン受信基板です。D基板は表は緑色ですが、この写真に写っている裏は茶色です。基板にはコネクタを使用していますが、接続ははんだ付けとしています。基板上のLEDはD1ではなく回路図には無いRB4に接続したテストランプであるのでご注意を。
基板上部のコネクタの2本線は茶がT1_OC、赤がT2_OC。裏から出ている赤と黒はD1を延長しフロンとパネルへいきます。
基板右部の3本は赤外線受光モジュールU2を延長してフロントパネルへいきます。黒がU2の3番ピンへ、黄が2番ピンへ、青が1番ピンへ接続されます。
基板左部の基板下から赤黒2本の線がD基板のコネクタ部へ接続され電源供給を受けています。赤が+3.3V、黒がGNDですね。
部品の高さはこれが限界!電源基板との余裕がないため計算上では隙間が1mmも無いはず。汗!
nt301_addpwd_a.jpg

これはリモコン受信基板の裏(はんだ面)です。よく考えて作っていない証拠で配線のまたがりが発生しました。自分が使用するものなのでテキトウな作業。動けばいいという気持ちで作業をしています。+3.3VとGNDを作業中、サインペンで塗ってみるとこりゃまたわかりやすくミスが少なくなります。今回は回路が簡単でしたので+3.3Vを赤ペンでしか塗っていないのです。
「いもはんだ」という言葉があります。それは、はんだをしたつもりで、お互いに電気的に接続していない状態であり、裸眼で見てもわからないことがよくあります。少しでも疑問に思う箇所があればルーペで確認します。ルーペでも判断が困難であれば、追加はんだをすればいいですよ。
nt301_addpwd_b.jpg

これはD基板のコネクタ部から+3.3VとGNDをもらってくる配線です。リモコン受信基板の+3.3VとGNDに接続されます。赤線が+3.3Vで4番ピンに、黒線がGNDで1番ピンにはんだ付けしています。電源ラインはこの回路で最も電流が流れるラインであるため太めの電線が良いのです。
ついでなので説明しますと、丸に見える部分はくし型になっているスイッチパターン。上から導電ゴムスイッチで短絡する構造となっています。このD基板には4箇所ありT1,T2,セレクト,スタートのスイッチです。
nt301_33v.jpg

D基板で目立つ大きなICはNECのuPD753104という型のマイコンである。T1,T2スイッチの片側からこのマイコンのピンにパターンがつながっている。はんだ付け可能な部分は唯一このICのピンです。ピンの間隔は0.8mmで、今回のはんだ付け作業中で最も難易度の高い作業であります(汗)。ICの左上が1番ピンです。茶色の電線は31番ピンへ、赤の電線は32番ピンへ接続しています。
コツはICのピンに適量のはんだをまず盛り、電線にもはんだを適量盛っておきます。次に、一本の電線をICのピンに合わせテープで固定し、はんだゴテを上から触れて溶かして付けます。ルーペで見て不十分であれば、その上からはんだを少し流し込みます。もう一本も同様に作業します。作業が終了したらテープをきれいに貼りなおして写真のように固定しておきます。
nt301_wire_connect.jpg

これが赤外線受光モジュールU2です。S社のリモコンはキャリア周波数が40KHzですが、手持ちの38KHz品を無理やり使っています。ちなみに40KHz品はGP1UD28YKという型番です。また、+3.3Vで動かすため底電圧で動作するタイプを使うことは必須です。
リモコン受信基板から出た3本の線でここまで引っ張ってきています。NT-301の前面に約φ4.5の穴を開け、その部分に接着しました。接着にはメルトガンを使ったのでしっかりと十分すぎるほど接着できています。これのいいところは、失敗したらこの樹脂を指でつまんで剥がせることですね。指で剥がすのが無理であればラジオペンチでつかんで剥がせます。
nt301_ir_panel.jpg

NT-301のフロントパネル下部には赤外線リモコン受光部がのぞく丸い穴、フロントパネル上部には赤いLEDのパイロットランプが見えます。
この改造作業の初期のことですが、赤外線リモコン受光部は手で塞いだりしても光漏れでけっこう動作するものだと思い、中の基板に実装したんです。全部カバーをして、さ~あ動作テスト!しかーーーし全く反応しない。一部の隙間からは動作しますが軽快な動作はしなかったのです。
nt301_complete.jpg

改造が終わったNT-301はいつもの水槽の裏へ設置した。テレビリモコンで動作確認を行い、動作することを確認。こうなるとどれだけ離れてもリモコンがきくのかテストしてみたくなる。結果はテレビのリモコンと同じく、10mぐらいまではOKでした。T1には照明、T2にはCO2の電磁弁を接続しているので、タイマー未動作中にCH1を押すと照明がオンとなり、電磁弁未動作中にCH2を押すと初期スタートのCO2がジュワ~と勢い良く出る。電磁弁はリモコン制御をしたくないため、リモコンボタンの登録モードで間違っても押されないようなボタンにカスタマイズした。
タイマーをセットしなければ、単なるリモコンスイッチとなります。
nt301_finish.jpg

PICにはプログラムを書き込まないと動作しませんので、デバッグを繰返しながらプログラムを完成させます。
以下PICマイコンとプログラムの仕様です。

●プログラム開発環境
・プログラム開発言語、CCS Cコンパイラ
・統合開発環境、MPLAB IDE V7.40
●マイコン基本設定
・デバイス PIC16F819
・動作クロック10MHz
・パワーアップタイマ(PUT)ON
・ウォッチドックタイマ(WDT)2304msで使用
・スリープ(SLEEP)未使用
●I/Oピンとその動作
・RA0端子(入力)に赤外線受光モジュールのVOUTを接続
・RA1端子(入力)にHIを与えるとRB出力はHIでアサートする
・RA1端子(入力)にLOWを与えるとRB出力はLOWでアサートする
・RA2端子(出力)未使用のためオープンとする
・RA3端子(出力)未使用のためオープンとする
・RA4端子(出力)PL=パイロットランプを接続。登録モードおよび有効な赤外線コマンドを受信すると発光する。
・RB0端子(出力)は赤外線コマンドCH1を受光すると200msアサートする
・RB1端子(出力)は赤外線コマンドCH2を受光すると200msアサートする
・RB2端子(出力)は赤外線コマンドCH3を受光すると200msアサートする
・RB3端子(出力)は赤外線コマンドCH4を受光すると200msアサートする
・RB4端子(出力)は赤外線コマンドCH5を受光すると200msアサートする
・RB5端子(出力)は赤外線コマンドCH6を受光すると200msアサートする
・RB6端子(出力)は赤外線コマンドCH7を受光すると200msアサートする
・RB7端子(出力)は赤外線コマンドCH8を受光すると200msアサートする
・アサート後は1秒間赤外線コマンドを受け付けない
・赤外線コマンドはS社対応で、TVリモコンのCH1~CH8を受け付けます

・登録モードではRB端子に対応するリモコンボタンをカスタマイズできる。
TVリモコンの「電源ボタン」を押すと、パイロットランプが5回ブリンクし登録モードになります。パイロットランプが5回ブリンクした後はパイロットランプが点灯し、RB0に対応するリモコンボタンの入力待ち状態となります。60秒以内に希望するボタンを押し、残り7回も同様にボタンを入力します。8回登録が完了すると、登録内容が自動保存されます。登録途中、60秒以内にボタンが押されないか、または「電源ボタン」が押されたら、それまで登録したボタン内容を破棄して登録モードを終了します。登録モードが終了する場合にもパイロットランプが5回ブリンクします。登録モードのキャンセルボタンに「電源ボタン」を使用しているため「電源ボタン」を登録することはできません。





タッチレススイッチへの変更 [DIY電気]

タッチレススイッチは壁スイッチを「ぱっちん」としなくても。手をかざすだけで照明の入り切りができるスイッチなのである。これを知ったからにはどうしても家のどこかに取り付けたくなり、このプロジェクトは発動したのである。家の中をよく観察すると、洗面所の壁スイッチまわりの壁紙が薄黒くなってきているではないか!ターゲット決定!

以前から興味があった東芝のタッチレススイッチを購入した。この手のものは超大型ホームセンターでも置いていることはないので、通販で購入するしかない。購入した内容は、東芝ライテック製の本体NWD1881(WW)とプレートNWD5111(WW)のふたつ。写真の左の白い枠がプレートであり別売であるので買い忘れたらたいへん。

NWD1881_unpack.jpg

これが、これから交換しようとしている洗面所の電灯スイッチだ。100円ショップで購入した木製プレートはおしゃれでなかなかのものだが今回で引退となる。電灯スイッチがダブルスイッチ(スイッチ2つ)となっているものは交換の対象とはならない。
作業を始める前に必ずブレーカー落としておく。
ちょっと待った~!作業するには第2種電気工事士以上の免許が必要となります。

NWD1881_before.jpg

木製プレートを取り外し、その中にある鉄プレートをネジをゆるめて取り外した。

NWD1881_remove.jpg

スイッチを引っ張り出すと白と黒の電線がスイッチに差し込まれている。片切りスイッチというもので、ルールとしては黒が電圧側、白が照明側である。取り外すには、それぞれの電線差込口横にマイナスドライバーを差し込むスリットがあるので、マイナスドライバーを力強く差し込んで電線のロックを外し、電線を抜けばよい。抜いた黒線は電圧側なので、タッチレススイッチの電圧側へ、白線は照明側へ差し込め(接続)ばよい。

NWD1881_wire.jpg

金属プレートをネジ締めする前に、本体のTピースと呼ばれる中央のカバーを外さなければネジ締めができない。Tピースを外し、金属プレートをネジ締めしたらTピースを再装着する。最後にプレートを取り付ければ完成。写真の緑色のLEDが光っているのは待機状態で、電灯がオンになるとこのLEDは消える。今回はLED電球照明の代わりに導入し、問題なく動作した。試しに別部屋の蛍光灯の壁スイッチと交換してみたら、蛍光灯は微妙にしゃっくり(異常音が少し聞こえる)を繰り返しているような結果だったので蛍光灯はどうやら使えない。

NWD1881_finish.jpg

こ、これは!想像以上に感度が高い。~3cmぐらいまでかと思っていたのだが、10cmぐらいまで検出する。応答速度も申し分なく、なかなかのものだ。
スイッチ入りで「ピィ」
スイッチ切りで「ピピッ」
と音が鳴る。Tピースを外すとこのブザーのオンオフスイッチがあり、鳴らさない設定もできるようになっている。
オンオフ回数が多い洗面所には絶好のスイッチだ。小さなお子さんがいらっしゃる家庭では、スイッチ付近の壁が真っ黒になってしまうのだが、このタッチレススイッチを導入すればその問題も解消するかな。

NWD1881_hand.jpg

※ 電気工事を行うには第2種電気工事士以上の免許が必要です。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ウォールラック(壁飾り) [小物]

ウェールズの仕事仲間から中央に写っている円盤状の盾をいただいたので、それを飾りがたいために欧風ウォールラックを製作したのであります。
イギリス薄暗いのパブ雰囲気が出ていますでしょうか?
基礎はホームセンターで買ったシンプルな木製ウォールラックです。
その上に、手すりみたいな飾りを接着してニスを重ね塗りしちゃいます。あとは、100円ショップで買った小物を置いたり、籠には松ぼっくり(三保の松原で拾った)入れたり。手前の籠には子どもが小さい頃にカウボーイの格好をさせて撮った写真が色あせて渋みを出しています。オイルランプは、錆びたものが何で売ってないんだ!とブツブツ言いながら塩水に一日漬けてからベランダで錆を加速させちゃいました。

DSC_0288.jpg

廊下に灯台飾りを、2つ製作。奥にも柔らかい光が写ってます。
小型ウォールラックは買って来たものに、またまた得意のニスを重ね塗り。
乗っている和風灯台は100円ショップじゃなく、ちょっとだけ高い小物屋で買ったものであります。灯台の中は100円ショップで買ったロウソクを表現したLEDキャンドルライトです。ゆらゆらと本物のロウソクに見えます。このキャンドルライトは我が家ではクリスマスの日だけ点灯されるのです。
うむむ!確かに、灯台下暗し。

DSC_0289.jpg

おっと、地震対策もばっちりです。

DSC_0291.jpg


ウォールラック 壁掛けシェルフ 階段型の3段、シェルフ 素敵,な 壁掛け3段シェルフ

ウォールラック 壁掛けシェルフ 階段型の3段、シェルフ 素敵,な 壁掛け3段シェルフ

  • 出版社/メーカー: Design furniture
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。