So-net無料ブログ作成
検索選択

レンジフードのモーター交換 [DIY電気]

19年使ってきたレンジフードからは何年も前から症状は発症していたのです。
「シャリン・シャリン・シャリン・・・・」とびっくりするような音がして、子どもの頃テレビで胴体切断マジックショーを見たときのトラウマがよぎるのです。何度かモーターを取り外してモーターボディの中のベアリングを交換してきたのですが、今回はモーターごと交換することにしました。
タカラスタンダードのタカラレンジフードファン VL-60という型で、モーターにはH-130-8VEと印字してありましたので、楽天で探してみたところ、VRNモーター 10224494で代用可とのことで7,180円で購入しました。
DSC_0462.jpg

こんなレンジフードです。
DSC_0463.jpg
DSC_0464.jpg

作業するには、この2つの工具は必須であります。
短いマイナスドライバーとボックスドライバー(7mm)です。
DSC_0476.jpg

フィルターを外すとファンケースが姿を現します。
DSC_0465.jpg

4箇所蝶ナットを外し、リングを外すと、シロッコファンの全体が見えてきます。
DSC_0466.jpg

短いマイナスドライバーが必要な場面がやってきました。
モーターの軸にシロッコファンを止めている「止めネジ」を緩めなければなりません。普通のドライバーだと柄が邪魔してネジを回せないのです。
DSC_0467.jpg

止めネジを緩めたらシロッコファンを引き抜きます。
油ねっとりで引き抜くことができない場合は、ドライヤー等で軸部を暖めると油が緩くなり取れやすくなります。たぶん、作業開始前に運転をしておけば、モーターからの熱で取れやすくなるのではないかと思います。
DSC_0468.jpg

シロッコファンを外すと、モーターが見えます。
このモーターは4箇所ナットで止まっていますので、7mmのボックスドライバーで外します。
DSC_0469.jpg

モーターのコネクターはこの段階で外します。
DSC_0470.jpg

取り外したモーターが左、新品が右です。
DSC_0471.jpg

コネクターの形状が同じであることを確認します。
新品モーターのコネクターは変換コネクター付きでした。
DSC_0472.jpg

モーターが外れた状態です。
防振ゴムですね。
DSC_0473.jpg

新しいモーターをボックスドライバーを使って取り付けます。
コネクターを差し込んだらモーター交換完了です。
もう、胴体切断マジックショーを思い出すことはないでしょう。
DSC_0474.jpg

『おまけ』
古いモーターを分解したところです。
モーター軸にベアリングが2箇所あることがおわかりでしょうか?このベアリングは大きなホームセンターでも購入できます。いままで懲りずに、このベアリングを交換してきたわけです。このベアリングは簡単には取れないので特殊な工具が必要になります。
DSC_0475.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

万年筆が汚くなったら [DIY生活]

一日の締めに万年筆で日記を書き続けています。
ペリカンの透明タイプの万年筆が汚くなってきました。この状態になると、筆を取ると指先がインクで汚れてしまったりするんです。
DSC_0405.jpg

ペン先も粘土状のインクと化しています。
DSC_0372.jpg

ペン先はネジ状になっていますので、このように分解しました。
DSC_0406.jpg

十分に洗ってから一週間ほど水の中に付け置きしました。
メインボディは吸入器となっていますので、長時間付け置きすると中に水が進入してしまいますので、様子を見ながら1時間ぐらいにしました。それでも中に水滴が入ってしまいました。
DSC_0408.jpg

十分に乾燥させましたので吸入器に入り込んだ水滴も無くなっています。
メインボディは紫色やら、茶色やら、今まで入れてきたインクの残りです。
DSC_0448.jpg

ペン先も綺麗。
DSC_0449.jpg
タグ:万年筆 洗浄
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キャリーケースのキャスターストッパー [DIY生活]

SKY NAVIGATORキャリーケース。このメーカーだけではないのですが、キャリーケースが電車の中等でスーッっと転がっていかないようにストッパー付きなのです。赤いやつです。
これが曲者で、知らない間にストッパーのオン状態でキャリーケースを引きずってしまいます。
DSC_0442.jpg

ストッパーをオフにした状態。
DSC_0443.jpg

ストッパーをオンにした状態。
DSC_0444.jpg

ストッパーをオンにした状態で、キャリーケースを引きずってしまった結果、タイヤが一部磨り減ってしまいます。こうなると、もうだめです。電車のようにガタン、ガタン・・・となってっしまいます。空港ロビーでもガタン、ガタン・・・非常にうるさいです。
あれだけ気にかけていたのに残念です。
航空会社やホテルスタッフに預けた場合も心配です。
DSC_0445.jpg

ニッパで切り落としました。
DSC_0446.jpg

一件落着。
DSC_0447.jpg

だけど、磨り減ったタイヤどうしよう?

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。