So-net無料ブログ作成
DIY電気 ブログトップ

レンジフードのモーター交換 [DIY電気]

19年使ってきたレンジフードからは何年も前から症状は発症していたのです。
「シャリン・シャリン・シャリン・・・・」とびっくりするような音がして、子どもの頃テレビで胴体切断マジックショーを見たときのトラウマがよぎるのです。何度かモーターを取り外してモーターボディの中のベアリングを交換してきたのですが、今回はモーターごと交換することにしました。
タカラスタンダードのタカラレンジフードファン VL-60という型で、モーターにはH-130-8VEと印字してありましたので、楽天で探してみたところ、VRNモーター 10224494で代用可とのことで7,180円で購入しました。
DSC_0462.jpg

こんなレンジフードです。
DSC_0463.jpg
DSC_0464.jpg

作業するには、この2つの工具は必須であります。
短いマイナスドライバーとボックスドライバー(7mm)です。
DSC_0476.jpg

フィルターを外すとファンケースが姿を現します。
DSC_0465.jpg

4箇所蝶ナットを外し、リングを外すと、シロッコファンの全体が見えてきます。
DSC_0466.jpg

短いマイナスドライバーが必要な場面がやってきました。
モーターの軸にシロッコファンを止めている「止めネジ」を緩めなければなりません。普通のドライバーだと柄が邪魔してネジを回せないのです。
DSC_0467.jpg

止めネジを緩めたらシロッコファンを引き抜きます。
油ねっとりで引き抜くことができない場合は、ドライヤー等で軸部を暖めると油が緩くなり取れやすくなります。たぶん、作業開始前に運転をしておけば、モーターからの熱で取れやすくなるのではないかと思います。
DSC_0468.jpg

シロッコファンを外すと、モーターが見えます。
このモーターは4箇所ナットで止まっていますので、7mmのボックスドライバーで外します。
DSC_0469.jpg

モーターのコネクターはこの段階で外します。
DSC_0470.jpg

取り外したモーターが左、新品が右です。
DSC_0471.jpg

コネクターの形状が同じであることを確認します。
新品モーターのコネクターは変換コネクター付きでした。
DSC_0472.jpg

モーターが外れた状態です。
防振ゴムですね。
DSC_0473.jpg

新しいモーターをボックスドライバーを使って取り付けます。
コネクターを差し込んだらモーター交換完了です。
もう、胴体切断マジックショーを思い出すことはないでしょう。
DSC_0474.jpg

『おまけ』
古いモーターを分解したところです。
モーター軸にベアリングが2箇所あることがおわかりでしょうか?このベアリングは大きなホームセンターでも購入できます。いままで懲りずに、このベアリングを交換してきたわけです。このベアリングは簡単には取れないので特殊な工具が必要になります。
DSC_0475.jpg

『おまけ』
回路図です。
FAN_Sch.jpg





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

電鍵(Telegraph key)のオーバーホール [DIY電気]

昔の昔、アマチュア無線を趣味にしていましたが、住まいが変わったり、アンテナが十分に設定できないことやノイズが多くなったことをきっかけに休眠状態が40年ぐらい続いています。
当時の無線機や関連グッズは手元には残っていませんが、唯一、電鍵が残ってました。
モールス信号を打つやつです。
遭難した時のために大事に取っておいたものです。
昔の仲間と、物々交換したものということは覚えています。
ほんとうは、プラカバーがあるはずですが、こいつは交換した時点で無かったような気がします。
こんなに汚くなっていましたので、オーバーホールすることにしました。
DSC_0325.jpg

裏です。
DSC_0326.jpg

シーソーの軸となる部分を取り外そうとしたら、アラま!たいへん!ベアリングがむき出しではありませんか。
かろうじて、油と埃で引っ付いていましたのでバラけることはなかったです。汗!
気付かずに作業を進めると紛失するところでした。
DSC_0327.jpg

分解してお店を広げました。
DSC_0328.jpg

ベアリングは片側5個、計10個です。
DSC_0329.jpg

大理石も汚くなっていたので、耐水の紙やすり#600を使って水で湿しながら汚れを落として、#1500で仕上げました。仕上げたと言っても、鏡面状にはなりません。つや消しの大理石となりました。ググったところ、マーブルワックスというものがあるようですが、そこまではやらないことにしました。
クエン酸を溶かして容器に数日付け置きしました。
DSC_0330.jpg

全て部品がきれいにないましたので、組み立てました。
ベアリングを両側に入れて、両側が花びら状になったっ時点でシーソー軸に止めるのが難関です。
グリップの円盤は少年だった自分が作ったものなので汚れは落とさずに、40年の所有を表すものとしてそのままにしてあります。
DSC_0331.jpg

後ろからのショット
DSC_0332.jpg

TELEGRAPH KEY TYPE HK-3 HIMOUND ELECTRO CO.とラベルに書かれています。
DSC_0333.jpg

この部分でトンツーやってたんですね。アナログのよき時代でした。
DSC_0334.jpg

横浜の氷川丸の無線室展示の人形をふと思い出しました。

電気毛布の最小温度設定からさらに低くする方法 [DIY電気]

私の母が電気毛布を使用しているのですが、チクチクして体が痒くなってしまうと相談がありました。
もう少し温度を下げたいようなのですが、最小設定してもダメなようです。
ググっていたら、プログラムタイマーEXPPT77を見つけ調べたところ、最小15分のオンオフを繰り返す設定ができるようです。
設定スイッチを一つおきにオンオフ状態に全周設定します。
時刻設定は面倒なので不要です。
要は、電気毛布を15分おきにオン/オフを繰り返えさせ、温度を下げてしまおうという計画です。
母は遠方のため、購入して設定だけやってしまって送ってあげました。
母からは心地よいとのことで合格点をもらいました。
気になるのは音なのですが、確認を忘れました。何にも言ってなかったからOKかな?


プログラムタイマーEXPPT77

プログラムタイマーEXPPT77

  • 出版社/メーカー: リーベックス
  • メディア: ホーム&キッチン



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

コタツの切り忘れが絶対になくなるよ [DIY電気]

冬といえばコタツに入りながらみかんですね。
私の場合は焼酎なのです。あっ!すみません、またお酒の話で、よい子の皆さんは二十歳からです。
今回はコタツの切り忘れのお話です。
一晩コタツをつけたままにしてしまったり、出掛けてしまったりと、ついついうっかりミスしてしまうことがありますよね。
タイマー付きのコタツがありますが、我が家のコタツみたいに温度調整しかないものが多数だと思います。
そこで、パナソニックのダイヤルタイマー(3時間形) WH3201WP というものを買ってきたのであります。11時間形もありますが、3時間形が最適だと思います。
設置はいたって簡単、コンセントに差し込んで、コタツのコンセントを「時間がたてば - 切」に差し込むだけです。コタツを使いたい時にクルっとひねって適当な時間にセットするだけ。
時間がくると勝手に切れます。
知らない間に切れてなんだか寒くなったなぁと感じたらまた、またクルっとひねればいいのです。
省エネにもなるので一石二鳥です。
欠点といえば、「チャチャチャチャ・・・・」と小さな音(ちょっと大き目)が鳴ることですが慣れだと思います。

DSC_01091.jpg

冬限定では勿体無いので、夏はお風呂場の扇風機に転用です。
DSC_01092.jpg

このシリーズは、コンセントに差し込むプラグが、紹介した写真のように本体にあるものと、1mのケーブルになっているものがあります。


パナソニック(Panasonic) ダイヤルタイマー(3時間形) WH3201WP 【純正パッケージ品】

パナソニック(Panasonic) ダイヤルタイマー(3時間形) WH3201WP 【純正パッケージ品】

  • 出版社/メーカー: パナソニック(Panasonic)
  • メディア: Tools & Hardware



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ナショナル電動ドライバー(EZT160H)の電池交換 [DIY電気]

購入してからずいぶん経ちました。
内蔵のNi-Cd電池がへたれたらしく、ACアダプタを接続しながらなんとか凌いできましたがダメです。
もう限界で回らなくなりました。
家具の組み立て等、たいへん重宝する電動ドライバーで私には必須アイテムなのであります。
困った時のヤフオクってなことをよく聞きますが、ありました、ありました、Ni-Cdが単品で売られています。
一個200~300円です、交換に必要な6個買っても2000円でお釣りがきます。
電動ドライバーを開けた回路図です。
EZT160H.gif

Ni-Cdの交換には、はんだごて、はんだ、ニッパやその他工具が必要です。
図のNi-Cd1~Ni-Cd6までを交換しなければなりません。6個のNi-Cdはばらばらですので、玩具に入れる電池のように接触させるだけではなく、全てのNi-Caは、はんだ付けが必要です。
電動ドライバーのグリップの部分に6個のN-Cdが入っていまして、キツキツです。
交換作業の難易度は少し高めです。
無事交換して、電動ドライバーが復活しました。
DSC_0322.jpg

挑戦される方はプロジェクトを発動する前に電動ドライバーを開けてみて判断したほうがいいと思います。

キッチンのシーリングライト交換 [DIY電気]

マンション購入時からキッチンに取り付けてあった蛍光灯式のシーリングライトが寿命を迎えた。
スイッチを入れると、「ジーーー」と鳴り出し、おまえは蝉か!と思うほど。その上、点灯するまでに時間がかかります。もう蝉の鳴き声は聞きたくないので、あきらめて交換することにしました。
今までも交換したいとは思っていたのですが、相手はそう簡単には交換させてくれる照明機器ではありません。蛍光灯本体が天井に直接ネジで取り付けてあり、ローゼットにカチャっと簡単取り付けとはいかないのです。
蝉の蛍光灯を取り外したら、穴から100Vのケーブルが出ているだけです。
やるだけやってみようと思い、購入したフル引掛ローゼット Panasonic WG-6005WPを直接天井に木ネジを使って取り付けようとしましたが、案の定、だめです。石膏ボードなのでネジでしっかり止まるわけがありません。
ガーーーン!予想通りです。
ユルユル状態のローゼットに照明器具を取り付けたら、ものの10分ほどで落下して血を見ることになります。
IMG_20150612_140149.jpg

天井に蝉の蛍光灯が付いていたわけですから、その取り付け穴を利用するしかありません。
取り付け穴は2箇所でピッチは910mmです。まず、木材を天井に取り付け、その木材にフル引掛ローゼットを取り付け、あとは購入したシーリングライトを取り付けることにしました。
下写真は、右側に立てかけてあるのが蝉の蛍光灯です。中央下は木材に白色を塗っています。木材はホームセンターで相談すると、何年経ってもたわんだりしない「エゾ松」を薦めてくれました。エゾ松くんのサイズは1000*90*24(長*幅*厚)です。
IMG_20150612_140438.jpg

木材中央にフル引掛ローゼット Panasonic WG-6005WPと取り付け、天井にエゾ松くんを910mmピッチ、2箇所止めで取り付けました。木材中央部は、フル引掛ローゼットを取り付けるので、エゾ松くんの中央部はホールソーという工具で大きめの穴を開ける必要があります。
エゾ松くんは、結構重いので重さを量りました。
エゾ松くん=0.7Kg、 コイズミさん=1.4K、蝉の蛍光灯=2.7Kg。
ということは、エゾ松くんとコイズミさんを合わせて2.1Kgですから、蝉の蛍光灯よりずいぶん軽く取り付け部の強度はOKということになります。
DSC_0299.jpg

今回買ったのは、コイズミ BH13730R 「LEDシーリング6畳用調光リモコン付」というもの。
価格もリーズナブルで、今まで以上に明るくなり料理も楽しくなります。
DSC_0297.jpg






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

NT-301のリモコン制御 [DIY電気]

以前、アクアリウム・水草水槽を趣味にしていた頃にHPを立ち上げておりました。
HPも現在閉鎖となっていますのでその中で紹介していました電気工作をご紹介いたします。
また水槽始めたいなぁ~♪

NISSO製のプログラムタイマーは毎日設定した時刻に水槽の照明をオンオフさせるタイマーです。水槽のメンテナンスや、来客があったときにの非定常時に照明がほしいときに手動で照明オンしたいですよねそれには、水槽裏に置いてあるNT-301の透明カバーを開けてスイッチを押さなければならないんです。
そこで、このプロジェクトはスタートしました。テレビのリモコンでオンオフできるように改造するプロジェクトです。
NISSOプログラムタイマーNT-301は2系統のタイマーがあり、ふたつの100V器具を別々にオンオフできます。タイマーオフ時は前面パネルのT1またはT2ボタンを押すことで強制的に希望のチャンネルをオンにできます。そのふたつのボタンを赤外線リモコンで遠隔制御できるように改造することにしました。NT-301を開けると写真左部の電源基板と写真右部の緑色に見えるデジタル制御基板(以下D基板)で構成されていることがわかります。それぞれは6ピンのコネクタで接続されています。D基板は前面パネルにネジ止めされているので、ネジを外して、プッシュスイッチ等がばらばらに外れないようにそっと基板を外します。液晶表示器も外れそうになるけど、あわてる必要はありません。
これから製作するリモコン受信基板をこの中に組み込むことにします。
nt301_open.jpg

アマチュア(プロも)の電子工作でよく使用されるPICマイコンというワンチップマイコンをメインにNT-301に組み込む回路を製作しました。実はもう、この時点ではPICに書き込むプログラムは完成に近い状態です。新品のPICは、プログラムを書き込んであげないと、なんの機能も持たないため、書き込み器を購入するか自作するなりしなければプログラムを入れることができません。
下の回路はU2が赤外線リモコンから送信された光を受光し、1番ピンから出力してPICのRA0に接続しています。PICはRA0に入力されたリモコンコードを解析してRB0とRB1に200msの正パルスを出力するのです。
赤外線リモコンはS社のテレビリモコンのコードを解析するようにしました。CH1を押すとRB0に、CH2を押すとRB1にという具合にRB7まで出力しています。対応するリモコンボタンは好みのボタンを登録することができるようにもしています。
200msの正パルスをトランジスタのベースに入れると、T1_OC,T2_OCのコレクタがGNDへ短絡する仕組みです。T1_OC,T2_OCは前述のD基板のT1スイッチとT2スイッチへ接続します。T1,T2スイッチと並列接続となり、トランジスタの電子スイッチとT1,T2スイッチのどちらでも動作するようになります。
pic_drawing.gif

D基板に貼り付けた状態のリモコン受信基板です。D基板は表は緑色ですが、この写真に写っている裏は茶色です。基板にはコネクタを使用していますが、接続ははんだ付けとしています。基板上のLEDはD1ではなく回路図には無いRB4に接続したテストランプであるのでご注意を。
基板上部のコネクタの2本線は茶がT1_OC、赤がT2_OC。裏から出ている赤と黒はD1を延長しフロンとパネルへいきます。
基板右部の3本は赤外線受光モジュールU2を延長してフロントパネルへいきます。黒がU2の3番ピンへ、黄が2番ピンへ、青が1番ピンへ接続されます。
基板左部の基板下から赤黒2本の線がD基板のコネクタ部へ接続され電源供給を受けています。赤が+3.3V、黒がGNDですね。
部品の高さはこれが限界!電源基板との余裕がないため計算上では隙間が1mmも無いはず。汗!
nt301_addpwd_a.jpg

これはリモコン受信基板の裏(はんだ面)です。よく考えて作っていない証拠で配線のまたがりが発生しました。自分が使用するものなのでテキトウな作業。動けばいいという気持ちで作業をしています。+3.3VとGNDを作業中、サインペンで塗ってみるとこりゃまたわかりやすくミスが少なくなります。今回は回路が簡単でしたので+3.3Vを赤ペンでしか塗っていないのです。
「いもはんだ」という言葉があります。それは、はんだをしたつもりで、お互いに電気的に接続していない状態であり、裸眼で見てもわからないことがよくあります。少しでも疑問に思う箇所があればルーペで確認します。ルーペでも判断が困難であれば、追加はんだをすればいいですよ。
nt301_addpwd_b.jpg

これはD基板のコネクタ部から+3.3VとGNDをもらってくる配線です。リモコン受信基板の+3.3VとGNDに接続されます。赤線が+3.3Vで4番ピンに、黒線がGNDで1番ピンにはんだ付けしています。電源ラインはこの回路で最も電流が流れるラインであるため太めの電線が良いのです。
ついでなので説明しますと、丸に見える部分はくし型になっているスイッチパターン。上から導電ゴムスイッチで短絡する構造となっています。このD基板には4箇所ありT1,T2,セレクト,スタートのスイッチです。
nt301_33v.jpg

D基板で目立つ大きなICはNECのuPD753104という型のマイコンである。T1,T2スイッチの片側からこのマイコンのピンにパターンがつながっている。はんだ付け可能な部分は唯一このICのピンです。ピンの間隔は0.8mmで、今回のはんだ付け作業中で最も難易度の高い作業であります(汗)。ICの左上が1番ピンです。茶色の電線は31番ピンへ、赤の電線は32番ピンへ接続しています。
コツはICのピンに適量のはんだをまず盛り、電線にもはんだを適量盛っておきます。次に、一本の電線をICのピンに合わせテープで固定し、はんだゴテを上から触れて溶かして付けます。ルーペで見て不十分であれば、その上からはんだを少し流し込みます。もう一本も同様に作業します。作業が終了したらテープをきれいに貼りなおして写真のように固定しておきます。
nt301_wire_connect.jpg

これが赤外線受光モジュールU2です。S社のリモコンはキャリア周波数が40KHzですが、手持ちの38KHz品を無理やり使っています。ちなみに40KHz品はGP1UD28YKという型番です。また、+3.3Vで動かすため底電圧で動作するタイプを使うことは必須です。
リモコン受信基板から出た3本の線でここまで引っ張ってきています。NT-301の前面に約φ4.5の穴を開け、その部分に接着しました。接着にはメルトガンを使ったのでしっかりと十分すぎるほど接着できています。これのいいところは、失敗したらこの樹脂を指でつまんで剥がせることですね。指で剥がすのが無理であればラジオペンチでつかんで剥がせます。
nt301_ir_panel.jpg

NT-301のフロントパネル下部には赤外線リモコン受光部がのぞく丸い穴、フロントパネル上部には赤いLEDのパイロットランプが見えます。
この改造作業の初期のことですが、赤外線リモコン受光部は手で塞いだりしても光漏れでけっこう動作するものだと思い、中の基板に実装したんです。全部カバーをして、さ~あ動作テスト!しかーーーし全く反応しない。一部の隙間からは動作しますが軽快な動作はしなかったのです。
nt301_complete.jpg

改造が終わったNT-301はいつもの水槽の裏へ設置した。テレビリモコンで動作確認を行い、動作することを確認。こうなるとどれだけ離れてもリモコンがきくのかテストしてみたくなる。結果はテレビのリモコンと同じく、10mぐらいまではOKでした。T1には照明、T2にはCO2の電磁弁を接続しているので、タイマー未動作中にCH1を押すと照明がオンとなり、電磁弁未動作中にCH2を押すと初期スタートのCO2がジュワ~と勢い良く出る。電磁弁はリモコン制御をしたくないため、リモコンボタンの登録モードで間違っても押されないようなボタンにカスタマイズした。
タイマーをセットしなければ、単なるリモコンスイッチとなります。
nt301_finish.jpg

PICにはプログラムを書き込まないと動作しませんので、デバッグを繰返しながらプログラムを完成させます。
以下PICマイコンとプログラムの仕様です。

●プログラム開発環境
・プログラム開発言語、CCS Cコンパイラ
・統合開発環境、MPLAB IDE V7.40
●マイコン基本設定
・デバイス PIC16F819
・動作クロック10MHz
・パワーアップタイマ(PUT)ON
・ウォッチドックタイマ(WDT)2304msで使用
・スリープ(SLEEP)未使用
●I/Oピンとその動作
・RA0端子(入力)に赤外線受光モジュールのVOUTを接続
・RA1端子(入力)にHIを与えるとRB出力はHIでアサートする
・RA1端子(入力)にLOWを与えるとRB出力はLOWでアサートする
・RA2端子(出力)未使用のためオープンとする
・RA3端子(出力)未使用のためオープンとする
・RA4端子(出力)PL=パイロットランプを接続。登録モードおよび有効な赤外線コマンドを受信すると発光する。
・RB0端子(出力)は赤外線コマンドCH1を受光すると200msアサートする
・RB1端子(出力)は赤外線コマンドCH2を受光すると200msアサートする
・RB2端子(出力)は赤外線コマンドCH3を受光すると200msアサートする
・RB3端子(出力)は赤外線コマンドCH4を受光すると200msアサートする
・RB4端子(出力)は赤外線コマンドCH5を受光すると200msアサートする
・RB5端子(出力)は赤外線コマンドCH6を受光すると200msアサートする
・RB6端子(出力)は赤外線コマンドCH7を受光すると200msアサートする
・RB7端子(出力)は赤外線コマンドCH8を受光すると200msアサートする
・アサート後は1秒間赤外線コマンドを受け付けない
・赤外線コマンドはS社対応で、TVリモコンのCH1~CH8を受け付けます

・登録モードではRB端子に対応するリモコンボタンをカスタマイズできる。
TVリモコンの「電源ボタン」を押すと、パイロットランプが5回ブリンクし登録モードになります。パイロットランプが5回ブリンクした後はパイロットランプが点灯し、RB0に対応するリモコンボタンの入力待ち状態となります。60秒以内に希望するボタンを押し、残り7回も同様にボタンを入力します。8回登録が完了すると、登録内容が自動保存されます。登録途中、60秒以内にボタンが押されないか、または「電源ボタン」が押されたら、それまで登録したボタン内容を破棄して登録モードを終了します。登録モードが終了する場合にもパイロットランプが5回ブリンクします。登録モードのキャンセルボタンに「電源ボタン」を使用しているため「電源ボタン」を登録することはできません。





タッチレススイッチへの変更 [DIY電気]

タッチレススイッチは壁スイッチを「ぱっちん」としなくても。手をかざすだけで照明の入り切りができるスイッチなのである。これを知ったからにはどうしても家のどこかに取り付けたくなり、このプロジェクトは発動したのである。家の中をよく観察すると、洗面所の壁スイッチまわりの壁紙が薄黒くなってきているではないか!ターゲット決定!

以前から興味があった東芝のタッチレススイッチを購入した。この手のものは超大型ホームセンターでも置いていることはないので、通販で購入するしかない。購入した内容は、東芝ライテック製の本体NWD1881(WW)とプレートNWD5111(WW)のふたつ。写真の左の白い枠がプレートであり別売であるので買い忘れたらたいへん。

NWD1881_unpack.jpg

これが、これから交換しようとしている洗面所の電灯スイッチだ。100円ショップで購入した木製プレートはおしゃれでなかなかのものだが今回で引退となる。電灯スイッチがダブルスイッチ(スイッチ2つ)となっているものは交換の対象とはならない。
作業を始める前に必ずブレーカーを落としておく。
ちょっと待った~!作業するには第2種電気工事士以上の免許が必要となります。

NWD1881_before.jpg

木製プレートを取り外し、その中にある鉄プレートをネジをゆるめて取り外した。

NWD1881_remove.jpg

スイッチを引っ張り出すと白と黒の電線がスイッチに差し込まれている。片切りスイッチというもので、ルールとしては黒が電圧側、白が照明側である。取り外すには、それぞれの電線差込口横にマイナスドライバーを差し込むスリットがあるので、マイナスドライバーを力強く差し込んで電線のロックを外し、電線を抜けばよい。抜いた黒線は電圧側なので、タッチレススイッチの電圧側へ、白線は照明側へ差し込め(接続)ばよい。

NWD1881_wire.jpg

金属プレートをネジ締めする前に、本体のTピースと呼ばれる中央のカバーを外さなければネジ締めができない。Tピースを外し、金属プレートをネジ締めしたらTピースを再装着する。最後にプレートを取り付ければ完成。写真の緑色のLEDが光っているのは待機状態で、電灯がオンになるとこのLEDは消える。今回はLED電球照明の代わりに導入し、問題なく動作した。試しに別部屋の蛍光灯の壁スイッチと交換してみたら、蛍光灯は微妙にしゃっくり(異常音が少し聞こえる)を繰り返しているような結果だったので蛍光灯はどうやら使えない。

NWD1881_finish.jpg

こ、これは!想像以上に感度が高い。~3cmぐらいまでかと思っていたのだが、10cmぐらいまで検出する。応答速度も申し分なく、なかなかのものだ。
スイッチ入りで「ピィ」
スイッチ切りで「ピピッ」
と音が鳴る。Tピースを外すとこのブザーのオンオフスイッチがあり、鳴らさない設定もできるようになっている。
オンオフ回数が多い洗面所には絶好のスイッチだ。小さなお子さんがいらっしゃる家庭では、スイッチ付近の壁が真っ黒になってしまうのだが、このタッチレススイッチを導入すればその問題も解消するかな。

NWD1881_hand.jpg

※ 電気工事を行うには第2種電気工事士以上の免許が必要です。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
DIY電気 ブログトップ