So-net無料ブログ作成

狭い部屋にはベッドにテレビ設置 [DIY家具]

家族からの指令で、狭い部屋のどこかにテレビを設置することになりました。
ベッドや机や本棚やあり、テレビの設置場所には悩みます。
壁かけまで考えましたが、そこまで勇気はありません。
そこで、ベッドのコーナーに三角棚を作ることにしました。
DSC_0604.jpg

ちょうどいい廃材ががあったので、こんな風に切断。
左下の変な部分は切断中にボキっとしてしまいました。
DSC_0605.jpg

切断した板をベッドの設置部に置いてみました。OK!
DSC_0606.jpg

4箇所皿ネジで止めました。
DSC_0607.jpg

テレビを置いて完成です。
24インチ液晶テレビ(KJ-24W450D)です。
DSC_0608.jpg

レンジフードのモーター交換 [DIY電気]

19年使ってきたレンジフードからは何年も前から症状は発症していたのです。
「シャリン・シャリン・シャリン・・・・」とびっくりするような音がして、子どもの頃テレビで胴体切断マジックショーを見たときのトラウマがよぎるのです。何度かモーターを取り外してモーターボディの中のベアリングを交換してきたのですが、今回はモーターごと交換することにしました。
タカラスタンダードのタカラレンジフードファン VL-60という型で、モーターにはH-130-8VEと印字してありましたので、楽天で探してみたところ、VRNモーター 10224494で代用可とのことで7,180円で購入しました。
DSC_0462.jpg

こんなレンジフードです。
DSC_0463.jpg
DSC_0464.jpg

作業するには、この2つの工具は必須であります。
短いマイナスドライバーとボックスドライバー(7mm)です。
DSC_0476.jpg

フィルターを外すとファンケースが姿を現します。
DSC_0465.jpg

4箇所蝶ナットを外し、リングを外すと、シロッコファンの全体が見えてきます。
DSC_0466.jpg

短いマイナスドライバーが必要な場面がやってきました。
モーターの軸にシロッコファンを止めている「止めネジ」を緩めなければなりません。普通のドライバーだと柄が邪魔してネジを回せないのです。
DSC_0467.jpg

止めネジを緩めたらシロッコファンを引き抜きます。
油ねっとりで引き抜くことができない場合は、ドライヤー等で軸部を暖めると油が緩くなり取れやすくなります。たぶん、作業開始前に運転をしておけば、モーターからの熱で取れやすくなるのではないかと思います。
DSC_0468.jpg

シロッコファンを外すと、モーターが見えます。
このモーターは4箇所ナットで止まっていますので、7mmのボックスドライバーで外します。
DSC_0469.jpg

モーターのコネクターはこの段階で外します。
DSC_0470.jpg

取り外したモーターが左、新品が右です。
DSC_0471.jpg

コネクターの形状が同じであることを確認します。
新品モーターのコネクターは変換コネクター付きでした。
DSC_0472.jpg

モーターが外れた状態です。
防振ゴムですね。
DSC_0473.jpg

新しいモーターをボックスドライバーを使って取り付けます。
コネクターを差し込んだらモーター交換完了です。
もう、胴体切断マジックショーを思い出すことはないでしょう。
DSC_0474.jpg

『おまけ』
古いモーターを分解したところです。
モーター軸にベアリングが2箇所あることがおわかりでしょうか?このベアリングは大きなホームセンターでも購入できます。いままで懲りずに、このベアリングを交換してきたわけです。このベアリングは簡単には取れないので特殊な工具が必要になります。
DSC_0475.jpg

『おまけ』
回路図です。
FAN_Sch.jpg





柄の短いドライバーです。




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

万年筆が汚くなったら [DIY生活]

一日の締めに万年筆で日記を書き続けています。
ペリカンの透明タイプの万年筆が汚くなってきました。この状態になると、筆を取ると指先がインクで汚れてしまったりするんです。
DSC_0405.jpg

ペン先も粘土状のインクと化しています。
DSC_0372.jpg

ペン先はネジ状になっていますので、このように分解しました。
DSC_0406.jpg

十分に洗ってから一週間ほど水の中に付け置きしました。
メインボディは吸入器となっていますので、長時間付け置きすると中に水が進入してしまいますので、様子を見ながら1時間ぐらいにしました。それでも中に水滴が入ってしまいました。
DSC_0408.jpg

十分に乾燥させましたので吸入器に入り込んだ水滴も無くなっています。
メインボディは紫色やら、茶色やら、今まで入れてきたインクの残りです。
DSC_0448.jpg

ペン先も綺麗。
DSC_0449.jpg
タグ:万年筆 洗浄
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キャリーケースのキャスターストッパー [DIY生活]

SKY NAVIGATORのキャリーケース。このメーカーだけではないのですが、キャリーケースが電車の中等でスーッっと転がっていかないようにストッパー付きなのです。赤いやつです。
これが曲者で、知らない間にストッパーのオン状態でキャリーケースを引きずってしまいます。
DSC_0442.jpg

ストッパーをオフにした状態。
DSC_0443.jpg

ストッパーをオンにした状態。
DSC_0444.jpg

ストッパーをオンにした状態で、キャリーケースを引きずってしまった結果、タイヤが一部磨り減ってしまいます。こうなると、もうだめです。電車のようにガタン、ガタン・・・となってっしまいます。空港ロビーでもガタン、ガタン・・・非常にうるさいです。
あれだけ気にかけていたのに残念です。
航空会社やホテルスタッフに預けた場合も心配です。
DSC_0445.jpg

ニッパで切り落としました。
DSC_0446.jpg

一件落着。
DSC_0447.jpg

だけど、磨り減ったタイヤどうしよう?

Brotherのインクカートリッジ分解 [PC]

Brotherインクジェットプリンターのインクカートリッジなんですが、純正品以外を付けるとインク残量を正しく認識しないんですね。”インクが無い”と、初っ端から使えないメッセージが出ます。透明窓の部分にインクが有るか無いかで判断しているんだろうと思い、その部分に光を遮る紙を貼って使っていました。
仕組みがよく理解できないので、たまたま純正品のBLACKが空になったので分解してみることにしました。

これが空のインクカートリッジ
DSC_0390.jpg

上下ひっくり返すと、透明窓に何だか黒い物体が
DSC_0393.jpg

爪を外す穴があったので、細いマイナスドライバーを差し込んで黒カバーを半分外しました。
DSC_0394.jpg

DSC_0395.jpg

半分の黒カバーも、ニッパで破壊しながら爪を外す穴に細いマイナスドライバーを差し込んで外しました。
写真ではきれいですが、もう指先は真っ黒!水では完全に落ちません。お風呂で完全に落ちました。
透明なシートが貼られていましたので、剥がしてしまいます。
DSC_0397.jpg

ある程度部品を外していくと、恐竜の形をしたネッシーのようなものが現れました。
あの透明窓から見えていた黒い物体はネッシー君の頭だったんですね。
インクが十分あるときはネッシー君がおじぎをして、インクが無くなった時はネッシー君が上を見上げるってことですね。
DSC_0399.jpg

これがネッシー君の正体です。
DSC_0400.jpg

これで純正品のBLACKは理解できましたが、純正品以外のカラーインクにネッシー君が入ってなくていいのはなぜだろう?純正品を使う機会があまり無いので、純正品のカラーインクも見てみたい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

SHARP Xx3 miniの保護フィルム貼り [スマートフォン]

奥さんがスマホの機種変更でSHARP Xx3 miniに乗り換えた。保護フィルムを貼ってくれとエレコムのフィルムもいっしょに持ってきた。フィルム貼りはそれほど苦手でもないので、いつものように奥さんに遠くからエアーダスターで埃を飛ばしてもらいながら作業に取りかかると、アレレ!フィルムがフニャフニャでいつもと様子が違う!
こんなん出ました~
DSC_0384.jpg

水疱瘡になりました。
何とか手当てをしたいけど塗り薬もありあせん。
DSC_0385.jpg

こりゃ、貼り直しでもダメそう。
あっさりあきらめます。
Xx3 miniは表面ガラスのエッジがR(球面)になってるので、きれいに包み込むように貼るために柔らかいフィルムを採用してるんですね。返品したいけど、剥がして捨てちゃいました。
DSC_0386.jpg

数日後に堅そうなフィルムを買ってきました。
これだといけるでしょう。
DSC_0387.jpg

きれいに貼れました。なんと、左右が有効画面より2mmほど内側なんですね。端の浮きも気になりますが、水疱瘡よりもマシかな。
DSC_0388.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

脆弱な洗濯バサミ [DIY生活]

洗濯物を干していると、また洗濯バサミが「ブチッ・・・」
ため息が出ます。
さて、洗濯を干そうかなと思った一発目がこれだったら「今日は干すのや~めた」なんて気分です。
いまだ進歩していません。
昔はアルミ製もあったな~なんて頭に浮かんだり。
たぶん、長持ちする洗濯バサミだったら、洗濯バサミ屋さん(そんな商売あるんかい)が困るからだろうなぁ~なんて思っちゃたりしています。
DSC_0369.JPG

買い替えするのは勿体無いので、他から持ってきて付け替えます。
奥さんは結束バンドで取り付けます。
私は、リングを外して綺麗に取り付けます。
リングは片方ずらして外したらリングを回転させるようにすればうまく外れます。
また来週あたり奥さんが、「取れたから付けといてぇ~」って言うはずです。
絶対に!
DSC_0371.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

キッチンの引き出しが [DIY生活]

今日の話題はキッチンの引き出しです。
小説を読んでいると抽斗ともよく書かれてます。
そんなことはどうでもいいのですが、
DSC_0350.jpg

キッチンの引き出しを開け閉めしてたらコットン、カットンと音がするので見てみたら引き出しの裏面が外れているんです。この記事はどうやって修理するかということにフォーカスしたわけじゃなく、こんな壊れ方してました報告です。
片側は完全に外れて、もう片側は塗料一枚で繋がってる状態です。
DSC_0351.jpg

塗料一枚で繋がってる側も塗料をカッターナイフで切って作業開始です。
木工用ボンドを塗って。
DSC_0352.jpg

組み立てて、テープで仮固定して終わりです。
もうちょっと何かやりたかったなぁ~。
DSC_0353.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

Chromecastを導入したよ [家電]

ソニーの液晶テレビ(KDL-32EX550)に付属の機能でYoutubeを見ていましたが、反応が悪いやら、再生できませんと反応したり、挙句の果てにはサービスが利用できなくなってしまいました。
お気に入りには残骸がありますが起動しません。
DSC_0325.jpg

そこで見つけたのが、Google Chromecastというもの。
スマホなどで見ているYoutubeをChromecastにキャストする!ってやると大きなテレビにYoutubeがきれいに映ります。
実にシンプル!電源とテレビのHDMI入力に接続するHDMIプラグだけ。
家庭内にWIFIを導入しているってことが条件です。
DSC_0331.jpg

この画面は、スタンバイ状態のChromecast。
綺麗な写真がオンラインでスライドショーしてくれます。風景、宇宙、アート、などなど・・・
DSC_0327.jpg

Youtubeの画像です。
HDコンテンツであれば地デジ放送並みの画質です。
DSC_0330.jpg

AbemaTVもChromecast対応なので地デジ放送並みに写ります。
DSC_0326.jpg

SpotifyもChromecast対応ですが、こちらは使うことはないですね。
DSC_0328.jpg

その他:
・PCでChromeブラウザを使っていれば、Chromeブラウザ上のコンテンツもChromecastに映りますので、ストリートビュー等、家族でいっしょに見ることができます。
・Androidの画面もキャストできます。
・AndroidのChromecast対応アプリ(Youtube, Spotify, AbemaTV, 等など)からキャストしたら、その後はAndroidは別の操作を行っても問題ありません。キャストするトリガーだけChromecastに送るイメージです。





タグ:Chromecast

小冊子印刷で紙を節約しよう [PC]

ページ数の多い書類を印刷するならば小冊子印刷がお勧めです。
印刷するときに、こんな画面が出てきますので「小冊子印刷」に設定して印刷してみましょう。例えば、40ページのPDF書類だったら、40割る4で、A4の用紙10枚でOKです。
brother_print1.PNG

アプリケーションからの印刷ではこんな画面だったり。
やはりこれにも「小冊子」という項目があります。
brother_print2.PNG

印刷が終わったら冊子にするわけですが、製本用ホッチキス、中とじホッチキスはあえて使いません。100均で手に入る大き目のヘアピンです。
DSC_0325.jpg

印刷された紙の束をそのまま順番を変えずに表紙を表にして折り、ヘアピンを上下に付けます。
DSC_0326.jpg

こんな具合に。
恒久的に使用しない資料はヘアピン使ってます!
冊子印刷なのでパラパラめくったページは全て並んでいます。
DSC_0327.jpg