So-net無料ブログ作成

「楽天Edy」アプリを使って楽天カードにEdyチャージする [スマートフォン]

Edyを日常よく使用していますので、今までパソコンのEdy Viewerからチャージしていました。
ソニーの非接触カードリーダ/ライタ RC-S310/ED3をUSB端子に接続して、Edy Viwerサイトからチャージするスタイルです。
DSC_0240.jpg

原則ブラウザはChromeしか使ってないので、なんとなくChromeでEdy Viewerを起動すると、使用できないメッセージが表示され、面倒だなぁ~!と言いながらIEを起動して使っていました。
Chromeは非対応なのです。
DSC_0239.jpg

ある日、スマホの「楽天Edy」というアプリでカードにチャージができるということを知りましたので、早速スマホに「楽天Edy」をインストールしました。
黄色い丸印の中のアプリです。
Edyのチャージターゲットは写真右の楽天カードのEdyチップです。
IMG_20181027_114918.jpg

早速、入金の手順をご覧ください。
ターゲットとなる楽天カードをスマホ(SONY Xperia Z4)の下に置きます。
というか、カードの上にスマホを乗せます。
チャージ前に現在の残高を知りたいので、黄色い丸印の「更新」アイコンをタップして残高を表示させてみます。
IMG_20181027_115026.jpg

309円しか入っていません。トホホホ。。。
IMG_20181027_115039.jpg

そのまま、「チャージ」をタップします。
IMG_20181027_115122.jpg

チャージする金額をプルダウンで選びます。
私は、毎回一万円入金なので、前回の金額が出てきているようです。
楽天会員IDはアプリの設定時に設定していますので、ここで入力する必要ありません。
パスワードを入力します。
クレジットカードのセキュリティコードの入力は不要で、チャージにはパスワードだけです。
IMG_20181027_115203.jpg

パスワードの入力が終わったら、「チャージ」をタップします。
(注)この「チャージ」タップが最終確認ですので、キャンセル不可です。
IMG_20181027_115240.jpg

次の画面で、一万円が加算された表示になりました。
めでたく、入金されましたので楽天カードを下敷き状態から開放してあげます。
IMG_20181027_115308.jpg

これからは、もうパソコンのEdy Viewerを使うこともないし、ソニーの非接触カードリーダ/ライタも使うことが無いかな。






人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。